○薩摩川内市消防旗に関する規程

平成17年4月1日

消防局訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、薩摩川内市消防旗(以下「消防旗」という。)の制式及び使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(消防旗の制式)

第2条 消防旗の制式は、別表のとおりとする。

(消防旗の使用)

第3条 消防旗は、次に掲げる場合に使用するものとする。

(1) 消防を挙げて行う儀式及び式典等の行事を行う場合

(2) 薩摩川内市消防の表示を必要とする場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、消防局長が必要と認めた場合

(消防旗の管理)

第4条 消防旗の管理は、消防総務課長が行う。

附 則

この訓令は、令達の日から施行する。

別表(第2条関係)

区分

摘要

消防旗

生地

正絹綾織二重合わせとする。

染色

青色

紋章

金、青、緑、銀色(刺しゅう)の消防章及び市章をあしらい、直径50センチメートルとする。

紋章の位置

旗の両端の中心とする。

文字

金色(刺しゅう)とし、位置は紋章の下部とする。

モール

金平ゼラチンモールを四方に付ける。

フレンジ

総金4段フレンジとする。

仕立

本金メッキ鳩目打ち仕立てとする。

固定ひも

飾紐は3箇所とし、総金飾房付とする。

竿頭

素材

真ちゅう製とし金色メッキ仕上げとする。

仕上

紋章を三面打出しとする。

竿

素材

樫製とする。

仕上

黒塗り千段巻きとし、金ねじ3本継ぎとする。

バンド

素材

黒色牛本皮製とする。

仕上

裏は黒ラシャ付とし、消防章付金具をつける。

三脚

真ちゅうクロームメッキ仕上げとする。

薩摩川内市消防旗に関する規程

平成17年4月1日 消防局訓令第2号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第12編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成17年4月1日 消防局訓令第2号