○薩摩川内市へき地保育所条例施行規則

平成16年10月12日

規則第103号

(趣旨)

第1条 この規則は、薩摩川内市へき地保育所条例(平成16年薩摩川内市条例第132号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、薩摩川内市へき地保育所(以下「保育所」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(指定管理者の指定の申請)

第2条 条例第5条の規定による申請は、へき地保育所指定管理者指定申請書(様式第1号)により行うものとする。

2 前項の指定申請書には、次に掲げる書類を添付するものとする。

(1) 定款又はこれに類するもの

(2) 法人にあっては、当該法人の登記事項証明書

(3) 保育所の管理に関する業務の収支予算書

(4) 前項の指定申請書を提出する日の属する事業年度の収支予算書及び事業計画書並びに当該事業年度の前事業年度の収支計算書及び事業報告書

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(指定通知書の交付)

第3条 市長は、条例第6条の規定により指定管理者を指定したときは、へき地保育所指定管理者指定通知書(様式第2号)を交付するものとする。

(定員)

第4条 児童の受託定員は、19人とする。

(支給認定及び入退所の手続)

第5条 条例第10条第1項に規定する支給認定及び入所許可の申請には、薩摩川内市子どものための教育・保育給付の支給認定及び保育の利用調整に関する規則(平成26年薩摩川内市規則第42号。以下「支給認定規則」という。)第4条に掲げる施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書兼児童台帳を用いるものとする。

2 市長は、前項に規定する申請書を受理したときは、その内容を審査し、支給認定を行ったときは、支給認定規則第5条第1項の子ども・子育て支援支給認定証(以下「支給認定証」という。)を交付するものとし、保育所の入所許可の可否について、入所(許可・不許可)決定通知書(様式第3号)により保護者に通知しなければならない。

3 条例第10条第2項の退所願には、退所届(様式第4号)を用いるものとする。

4 市長は、前項の退所届を受理したときは、支給認定規則第11条の支給認定取消通知書及び退所決定通知書(様式第5号)により保護者に通知し、支給認定証の返還を求めるものとする。

5 前各項に掲げるもののほか、支給認定に関し必要な事項は、支給認定規則を準用する。

(一時預かり保育の実施)

第6条 指定管理者(指定管理者に管理を行わせない保育所にあっては、市長。以下同じ。)は、受託定員の範囲内において、児童の受入れに余裕がある場合に限り、条例第4条第2号に掲げる一時預かり保育(以下「一時預かり保育」という。)を実施することができる。

2 一時預かり保育の実施に必要な事項は、市長が別に定める。

(保育短時間支給認定子どもの保育時間)

第7条 条例第12条第2項の市長が定める保育時間は、午前8時から午後4時までとする。

(児童の欠席の報告)

第8条 児童が疾病その他の理由で開所期間中に欠席する場合は、保護者は、速やかにその旨を保育所に連絡しなければならない。

(事故の報告)

第9条 児童について、重要と認められる事故が発生したときは、指定管理者は、事故報告書(様式第6号)により市長に報告しなければならない。

(事故の責任)

第10条 児童の事故に対する保育所の責任は、児童が正当な理由による登所のため保育所の門に入ってから、正当な理由による降所のため門を出るまでの間に及ぶものとする。ただし、保育所の行事として遠足による外出は、児童が保育所にいるものとみなす。

(児童票の作成)

第11条 指定管理者は、児童票のうち家庭の状況及び健康状態等を記載する部分については、保護者にその作成の協力を求めるものとする。

(保育内容の通知)

第12条 保育所における保育内容の概要について、指定管理者はおおむね月1回保護者に通知するものとする。

2 市長は、保育料の額に変更が生じた場合には、保育料変更決定通知書(様式第7号)を保護者に通知するものとする。

(備付け帳簿)

第13条 保育所に備え付けなければならない帳簿は、別に規定するもののほか次のとおりとする。

(1) 入所児名簿

(2) 入所児出席簿

(3) 保育所日誌

(4) 職員出勤簿

(5) 備品台帳

(6) 前各号に掲げるほか、必要な帳簿

(登所及び降所の方法)

第14条 児童を登所又は降所させる場合は、直接保護者が同伴して登所又は降所させなければならない。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月12日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の里村へき地保育所の設置及び管理に関する条例施行規則(平成6年里村規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年3月31日規則第33号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年10月1日規則第115号)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

2 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う薩摩川内市へき地保育所条例の一部を改正する条例(平成17年薩摩川内市条例第69号)による改正後の薩摩川内市へき地保育所条例(平成16年薩摩川内市条例第132号)第6条の規定による指定管理者の指定を受けようとする団体の公募その他の指定管理者の指定に関し必要な行為は、この規則の施行前においても、改正後の第2条及び第3条の規定の例により行うことができる。

附 則(平成20年11月28日規則第46号)

この規則は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日規則第19号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の薩摩川内市へき地保育所条例施行規則の規定により作成されている様式書類は、なお当分の間、適宜修正の上使用することができる。

附 則(平成28年12月26日規則第68号)

(施行期日等)

1 この規則中第1条の規定は公布の日から、第2条の規定は平成29年4月1日から施行する。

2 第1条の規定による改正後の薩摩川内市へき地保育所条例施行規則第5条の規定は、平成28年4月1日から適用する。

(経過措置)

3 この規則の施行の際現に提出されている改正前の薩摩川内市へき地保育所条例施行規則第5条第1項の規定による入所の申請書は、改正後の薩摩川内市へき地保育所条例施行規則第5条第1項の規定による支給認定の申請書とみなす。

附 則(平成29年11月1日規則第39号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(準備行為)

3 この規則の施行に関し必要な手続その他の行為は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

薩摩川内市へき地保育所条例施行規則

平成16年10月12日 規則第103号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成16年10月12日 規則第103号
平成17年3月31日 規則第33号
平成17年10月1日 規則第115号
平成20年11月28日 規則第46号
平成22年3月31日 規則第19号
平成25年3月29日 規則第19号
平成28年12月26日 規則第68号
平成29年11月1日 規則第39号